2021年12月7日

仕事をするメリットとは

これから有料老人ホームでの仕事を希望している人もいるだろう。まず一口に有料老人ホームといっても様々なタイプがあり、入居者の介護レベルやコンセプトにそれぞれ違いがある。その上、有料老人ホームは民間事業者が運営していることが通常なので、他の事業者との競争原理が働きやすく、サービス内容の充実度や独自性にも差が見られる。これは社会福祉法人や地方自治体等によって運営される、公的な特別養護老人ホームとは大きく異なる点だ。

有料老人ホームのタイプを大まかに分類すると、一般的によく知られる介護付き型の他に、住宅型や健康型などがある。介護付きのタイプは、食事介助や身体介護あるいは入浴介助といった、日常生活全般の手厚いサポートが受けられる。その一方で住宅型は自立して生活できる入居者が中心。このため提供されるサービスも、見守りや生活相談あるいは通常の生活支援などが基本だ。もし介護サービスを希望するならば、外部の事業者にあたらめて依頼することになる。健康型も同じく自立できる利用者を対象としている。このタイプは温泉やスポーツジムといった健康施設が充実する一方で、介護が必要になると退去になるケースも多い。

どのタイプの有料老人ホームでもコンセプトやサービス内容が異なるため、そこで仕事をするには、要求される知識やスキル等にも違いが生じるのが通常だ。ただし運営会社の中には、充実した研修制度やキャリアアップ支援、そして手厚い福利厚生や各種手当てなど、独自のサポート環境を整えているケースも目立つ。介護職としての能力を高めたい、さらなるキャリアアップを図りたい、こんな方にはメリットの豊富な職場になるだろう。