2021年12月7日

転職で有利になる資格とは

有料老人ホームへの転職は、資格を持っていることで有利に進めていけるようになる。まず持っておきたいのは、介護職員初任者研修だ。この資格は介護を行う上でもっとも基本的な知識を学べるもので、受験資格がないため、誰でも受けることができる。一定期間の研修を受けた後に修了試験に合格すれば取得できるため、介護の仕事を考えるのであれば、まず取得しておきたい資格である。

また、実務者研修や介護福祉士、ケアマネージャーの資格があれば、採用に関してさらに有利になるだけでなく、手当を得られるなど給与面にも反映され、待遇面でも好条件なものになるだろう。これらの資格を取得するには、受験するために必要な資格が定められているため、それぞれについてしっかり確認した上で計画的に取得していかなければならない。また、これらの資格取得は、転職時に有利になるだけでなく自分自身のキャリアアップにつなげ、仕事の幅も広げられるようになるだろう。

有料老人ホームの中には、利用者のニーズに応じて様々な種類のものがある。そして、その中には、食事サービスや生活支援などの他、リハビリなども行う介護付き有料老人ホームもある。このような施設は、行政から特定施設入居者生活介護の指定を受けており、要介護者を対象に様々な介護サービスを行っている。その中の代表的なものが、利用者のリハビリだ。そのため、介護付き有料老人ホームでは、理学療法士や作業療法士、看護職員や言語聴覚士などの資格を持っていると機能訓練指導士として働くことも可能になるだろう。